会議室の有効活用で賢く経費削減

>

貸し会議室を借りる

会議室を借りるメリットとは?

会議室を外部で借りるには費用がかかりますが、自前の会議室を持つよりも多くのメリットがある場合があります。
社内の会議室は維持管理費も必要ですが、必要な時だけ会議室を借りれば、省スペースになり、経費削減にもつながります。
他にも会議室には机やイス、ホワイトボードは最低限、参加人数の多い会議ではマイクやプロジェクターなども必要でしょう。

外部の方や取引先を招いての会議の場合、さらに細かな備品が必要になり、これらを常に維持し、会社の資産として管理するのは大変です。
貸し会議室なら、必要と思われる備品はほぼ網羅していますので、利用目的に応じて借りられます。
また昼食や会議後の懇親会など、食事やケータリングが注文できる点や、机やイスの配置や片付けに人員を割く必要が無い点もうれしいですね。
また意外なところで、社外へ出ての会議の方が気分転換になり、生産性の高い話し合いができるというメリットもあります。

貸し会議室の需要が伸びている背景

社内に会議室を持つよりも、必要なときに借りられる貸し会議室を選択する企業は多くあります。

それに伴い、特に都市部においては貸し会議室を運営する企業も増えていて、駅周辺などアクセスのよい場所を中心に会議室が増加しています。
その背景としては、企業の経費削減への意識向上や、コンプライアンス、セキュリティー面の強化などが挙げられます。

都心などテナント料の割高な場所では、少しでも経費を削減すべく、使用頻度の低いスペースの確保を避ける傾向にあります。
また情報漏えいなどの不祥事が社会問題となったことなどにより、企業もセキュリティー面を強化し、取引先や外部の方を社内に迎えることに関してはナーバスになりがちです。

これらの問題を解決する方法として、必要な時だけ借りられる貸し会議室を採用する企業や団体が増えています。


TOPへ戻る